薬物問題を抱える女性が直面する主な健康上および社会的問題

欧州連合では、15〜64歳の推定3500万人の女性と5400万人の男性が、人生のある時点で違法薬物を試しています。一般的に薬物使用全体の性差は若者の間では小さく、ヨーロッパの多くの国々では若年層の間でその差が減少しているように見えます。しかしながら、より集中的で問題のある形の薬物使用のためには、性別間の差はより大きい。

女性は深刻な違法薬物問題を抱えているすべての人々の約4分の1を占めており、ヨーロッパの専門薬治療への参加者の約20%を占めています。いくつかの研究では、妊娠や育児から生じる必要性、あるいは女性がより容易にケアを求める一般的な傾向のために、女性が治療を受ける可能性が高いことがわかっています。他の研究では、スティグマのため、女性は男性よりも専門的なサービスを受ける可能性が低いことがわかりました。女性は自分の問題を身体的または精神的健康問題に帰し、身体的または精神的健康分野でケアを求めるかもしれません。ヨーロッパの異なる地域やサブグループ内の治療のギャップの範囲と性質はさらなる研究を必要とします。

女性は、社会的特徴、物質使用の影響、および発達および依存への進行において、薬物問題を抱える男性とは異なります。女性は、性別や性別に基づく特有の懸念を示していますが、多くのドラッグサービスは男性向けです。

これらの特定の問題は次のとおりです。

スティグマ:薬物を使用する女性は、母親や介護者としての役割に反していると考えられているため、男性よりもスティグマを経験します。スティグマは罪悪感や恥を悪化させる可能性がありますが、差別的で非支援的なサービスは援助を求めることを妨げる可能性があります。

社会経済的負担:これらはより低い雇用と所得水準を持っているので、薬物を使用する女性にとってより経済的負担が重い。自治体によってサービスが提供されておらず、保険の補償がない場合、薬物治療の費用が障壁となる可能性があります。交通費は治療へのアクセスを妨げるかもしれない。

社会的支援:薬物を使用する女性は男性よりも社会的支援が少ないかもしれません。なぜなら、彼らは薬物使用に問題のある家族から来ており、薬物使用パートナーを持っている可能性が高いからです。例えば、イギリスの薬物治療への参加者のうち、4分の3の女性が男性の2分の2に対して薬物を使用するパートナーを持っていました。

子供:子供との関係は非常に重要であり、女性の薬物使用と回復において中心的な役割を果たす可能性があります。女性の治療への参加者は男性よりも子供と同居する可能性が高いです。

薬物使用パートナー:薬物を使用するパートナーを持つことは、女性の薬物使用開始、継続および再発におい​​て重要な役割を果たすことができます。それはまた、血液感染性ウイルス感染や暴力への彼らの曝露にも影響します。物質使用男性は治療を支持しないかもしれず、女性が薬物を使わなくなると関係が失われるのを恐れているかもしれません。

さらに、男性と比較して、薬物を使用する女性は、子供または大人として性的および身体的暴力や虐待を経験し、親密なパートナーの暴力にさらされる可能性が高くなります。

心的外傷後ストレス障害や不安や鬱病などの他の精神的健康問題は、女性の薬物使用者の間でより一般的です。結果として、二重の診断を受けた人をサービスから除外することは、男性よりも女性に大きな影響を及ぼす可能性があります。

薬を注射する女性は血液感染性ウイルス感染に対して特別な脆弱性を持っています。彼らは注射器具をより多くの人々と共有する可能性があるので、男性よりHIV感染率が高いのです。また、セックスを麻薬やお金と交換する可能性が高く、性的パートナーとコンドームの使用を交渉することが困難です。

女性の多数のサブグループが特別なニーズを持っており、これらに対処する特別な対応を必要とするかもしれません。

EMCDDA:Women and gender issues related to drugs より翻訳

12-ステップの介入は、 薬物使用の減少に関して、 他の心理社会的な介入に 比べて良くもなく悪くも ない

違法薬物の乱用は、乱用者、その家族、友人、社会全体にまで、広範囲に及ぶ深刻な影響を及ぼす。望ましい介入プログラムというのは、違法薬物の使用とそれによるネガティブな結果を効果的に減少させ、その上費用対効果が高いものである。現在のエビデンスが示すことは、12-ステッププログラムの効果 は他の心理社会的介入と全く同様だということである。従って、プログラムの費用は重要な条件となる。 しかし、これらの研究の強度は弱く、12-ステッププログラムの有効性に関する更なるエビデンスが必要とされる。

違法薬物使用の減少に向けた12-ステッププログラムは、他の介入に比べて、良くも悪くもない(12-step programs for reducing illicit drug use are neither better nor worse than other interventions)Martin Bøg, Trine Filges, Lars Brännström, Anne-Marie Klint Jørgensen and Maja Karrman Fredrikksson抄録翻訳者:斧原 藍(Ai Onohara)

国連最高経営責任者会は、麻薬を使用する人々の非犯罪化を満場一致で支持しています。

2018年11月7日、8日
ニューヨーク

31の国連機関を代表する国連の最高執行委員会は、所有と使用の非犯罪化を支持する薬物政策に関する共通の立場を採択しました。これは、ウィーンで開かれた麻薬治療委員会の主要会議の数日前に行われ、国連の10年間の世界薬物戦略を検討し、次の戦略を計画する予定です。

国連事務総長が議長を務め、31の国連機関を代表する、国連事務総長会(CEB)からの麻薬政策に関する新しい見解声明は、麻薬の所持と使用の非犯罪化に対する強力で満場一致の支持を表明しています。声明は、加盟国に対し、「個人使用のための麻薬所持の非犯罪化を含む、適切な場合には有罪判決と罰の代替策を促進すること」を求めている。

過去に多くの国連機関が同様の電話をかけてきたが、このCEBの声明は、これが今や国連機関の全家族にとって共通の立場にあることを意味している。重要なことには、国連麻薬政策庁 – 国連麻薬犯罪局もその立場を支持しています。最後に、非犯罪化に関する以前の曖昧な立場を明確にしました。

この声明はまた、公衆衛生、人権、および持続可能な開発の課題に明確に薬物政策を位置付けています。それは薬物政策に関する国連システム内の「システム全体の一貫性」に向けた歓迎された重要なステップを表しています。これは、歴史的な方向性が罰、法執行機関および撲滅に向けられてきた国連麻薬会社による国連全体の一貫性の欠如および健康、権利および開発の課題の周辺化に長い間不満を抱いている市民社会団体の重要な呼びかけである。この声明は、今週、国連麻薬薬委員会の閣僚レベルの会合の準備段階に来るので、特に重要であり、それは10年にわたる国連の世界的な薬物戦略を検討し、次の戦略の計画に同意するであろう。CEBの非犯罪化の要求は、「罰と投獄の代替策」のみを要求する既存の加盟国の合意の見解を超えています。

変換はこの新しい開発を歓迎します。この声明は、麻薬を使用する人々の犯罪化を通じて麻薬の使用を根絶しようとすることは効果的でも人道的でもないことを明らかにしています – そしてそれは終わらなければなりません。それは、人権、公衆衛生および開発が物質使用に対してより思いやりのあるアプローチを採用することによってよりよく役立っていることを認識しています。それは、より効果的で人道的な薬物政策への道を示すための国連全体のリーダーシップによる努力を表しています。

この新しい開発の詳細については、ここをクリックするか、下の画像をクリックして最新の説明をご覧ください。

The UN Chief Executives Board unanimously endorses decriminalisation of people who use drugs.

https://www.unsceb.org/CEBPublicFiles/CEB-2018-2-SoD.pdf