京都で薬物問題を考える。 〜薬物依存からの回復と地域社会〜

広報にご協力ください。

2018年 12月26日(水)13:15-14:45

龍谷大学 刑事政策 公開授業 担当者:石塚伸一

テーマ 「京都で薬物問題を考える。 〜薬物依存からの回復と地域社会〜」

企画の趣旨:薬物依存からの回復については、DARCなどの民間団体が、大きな役割を果たしています。当事者の回復のためには、家族や地域社会の支援が不可欠です。ところが、回復施設ができるとなると地域の人たちは不安をいだき、ときに排除の意志を表明することも少なくありません。
今回は、回復支援に携わってきたプログラム・コーディネーターをお招きして、薬物問題の現状と課題について考えてみたいと思います。
この公開授業には、ATA-net が協力しています。

対象:刑事政策受講生および薬物問題に関心のある方。一般市民の方も、ご自由に参加していただけます。

会場:龍谷大学 深草学舎 紫光館4階 法廷教室
〒612-8577 京都市伏見区深草塚本町67

お問い合わせ:龍谷大学 石塚伸一研究室
[TEL] 075−645−8466
[E-mail]ishizuka@law.ryukoku.ac.jp

第6回 共に安心して暮らせる 京都デザインフォーラム 「さまざまなバリアをこえて 共に生きる社会をめざして」

2019/1/27(日)
第6回 共に安心して暮らせる 京都デザインフォーラム
「さまざまなバリアをこえて 共に生きる社会をめざして」

障害を持つ人や、さまざまな立場の人とともに、話し合いましょう!
バリアをこえて、共に生きることができる社会づくりについて、みんなで考えたいと思います。

日時:2019年1月27日(日) 12:50~16:30(開場12:00)

会場:「故郷の家」雲史ホール
http://www.kokorono.or.jp/kyoto/kyoto_access.html
京都市南区東九条南松ノ木町47
・地下鉄 九条駅 徒歩15分
・市バス 九条河原町 徒歩10分
※駐車場はありませんのでご注意ください。近辺にコインパーキングはあります。

参加費:500円(資料代)
※手話通訳・要約筆記・点字資料の必要な方は 1月17日までに下記までお知らせください。

主催:障害者権利条約の批准と完全実施をめざす京都実行委員会
http://www.jouyakukyoto-hamon.com/
(事務局:南区東九条松田町28 メゾングラース京都十条101 日本自立生活センター気付
TEL: 075-671-8484 FAX: 075-671-8418 E-mail: jcil@cream.plala.or.jp)
社会福祉法人京都府社会福祉協議会
後援:京都府(申請中)・京都市・京都新聞社会福祉事業団・NHK京都放送局

*プログラム
12:50 開会 あいさつなど
13:00 落語家 桂福点氏の講演
「障害を表現しながら共に生きる」
14:10 木津川ダルク代表 加藤武士氏の実践報告
「ダルクの活動を通して地域社会のつながりについて考える」
14:40 コメンテーター 牧口一二さんからのコメント
「地域社会がつながっていくキーワードを見つけたい」
15:00 休憩と移動
15:15 グループに分かれて話し合い
(それぞれの立場から地域社会のつながりについて語り合う)
16:15 各グループからの報告
16:25 あいさつ
16:30 閉会

*プロフィール

<桂 福点(かつらふくてん)氏>
本名:枡川明。1968年 兵庫県川西市生まれ。上方落語協会会員。先天性緑内障のため中学生の頃に視力を失ったが、子供の頃から音楽に親しみ、1986年大阪芸術大学に入学。音楽療法を研究し、卒業後、バンド「お気楽一座」を結成。1996年 桂福団
治師匠に弟子入りし、古典落語を学びながら独自の音楽漫談や「お気楽一座」の活動にも取り組む。
2009年9月、師匠より「桂福点」の名前をもらい、現在、上記の活動と共に、音楽療法士として診療所、作業所等でユニークな音楽療法もおこなう。また「一般社団法人お気楽島」理事長として、大阪市東淀川区淡路に生活介護施設「お気楽島」を開設、さまざまな理由で社会に出て行きづらい方々の集いの場・創作の場として利用してもらっている。過去に出演した番組―NHK総合テレビ「ぐるっと関西お昼前」「バリアフリーバラエティ」「24時間テレビ2016」など多数。

<加藤 武士氏>
特定非営利活動法人 アジア太平洋地域アディクション研究所(NPO法人アパリ)が運営する木津川ダルク(Drug Addiction Rehabilitation Center)代表。「ダルク」は薬物依存症者の当事者が当事者を支援する施設で、薬物使用の経験者がスタッフを担っている。自助グループの活動を通じて「孤立化」を防ぎ、回復を手助けしている。

<牧口 一二氏>
1937年大阪市生まれ。1才の頃ポリオにかかり「障害者」の資格を得る。6才の春、母におぶわれて小学校に出向くが、「空襲の時に危険」と入学を断られる。敗戦後、また母におぶわれて学校に行くと「お待たせしました」と3年遅れの1年生。10才(2年生)の夏休み、父が松葉づえを買ってくれた。夢中で立ち上がり、歩くこと・階段の昇り降りを覚える。2学期から1人で通学できるようになる。以後、60才まで松葉づえ人生、歩行歴50年、免許皆伝の腕前に。高校を卒業後、大阪美術学校(大阪芸大の前身)デザイン科を卒業するも全く就職できず(1年半に54社)、社会への扉開かず。2年間の精神的孤立状態。美校を卒業後4年で4人の学友が共同経営のデザイン会社を設立。その会社に転がり込む( やっと26才にて社会へ)。この体験から仕事の傍ら障害者運動に参加。駅にエレベーターの設置要求などバリアフリーを広げる。学校巡りをして障害者のイメージチェンジを試みる。60才から車いす。
【シェア歓迎】

千葉教室 12月24日(月・祝)依存症予防教育推進事業 

平成30年度文部科学省委託事業
申込ページ
https://goo.gl/forms/7QQH4zdAgOn9WEHW2

依存の問題は、薬物だけでなくインターネット、ゲームなど幅広い分野に広がっています。実は私たちの身近にある依存について、一緒に考えてみませんか?

ハマってしまう背景に何があるのか。予防には何が大切なのか。

経験豊富な支援者、依存経験者、家族の視点から情報を共有し、皆様と一緒に考える新しいタイプの予防教室です。地域で予防や支援に関わってる方はもちろん、依存症って何? と思っている方もぜひご参加ください。

参加費無料 当日参加も可能です。定員:150名

開催日: 平成30 年12月24日(月・祝)13:30~17:00


開催地: 〒260-0013 千葉県千葉市中央区中央4丁目13-10
千葉県教育会館 303号会議室
アクセス:・JR千葉駅:徒歩20分 ・JR本千葉駅:徒歩12分 ・京成千葉中央駅:徒歩12分


お問い合わせ:
TEL: 03-5856-4824 Fax: 03-5856-4827 
または、E-mail:yakkaren@ck9.so-net.ne.jp

講師
芳山 隆一 氏(株式会社アスク・ヒューマン・ケア 企画開発室長)
成瀬 暢也 氏(埼玉県立精神医療センター 副病院長)
薬物依存当事者・家族
ネット・ゲーム依存サバイバー

プログラム詳細

13:30~
開会あいさつ・来賓あいさつ
薬物依存当事者(千葉ダルク)
ネット・ゲーム依存サバイバー
薬物依存者の家族(千葉菜の花家族会)
ネット・ゲーム依存とは(芳山 隆一 氏:株式会社アスク・ヒューマン・ケア 企画開発室長)
薬物依存症とは(成瀬 暢也 氏:埼玉県立精神医療センター 副病院長)
トークセッション(司会:近藤 京子 氏)

16:30~ 
アンケート記入・閉会

後援
千葉県、千葉市
千葉県教育委員会、千葉市教育委員会

主催
団体名:NPO法人全国薬物依存症者家族会連合会
代表者名:理事長 横川 江美子
所在地:東京都足立区竹ノ塚5-18-9-207
WEB:http://www.yakkaren.com/

出会いとつながり

薬物依存症のヒカリです。僕は15歳の頃からシンナーをはじめ23歳くらいから覚せい剤に手を染めました。そして薬物をやめられなくて3度刑務所に入りました。3度目の刑務所に入る前に自分でインターネットで弁護士を探していた時に、「薬物の治療をしながら弁護をする」という弁護士さんをみつけてすぐに電話をしました。初めは「少しでも刑がかるくなれるように」とよこしまな気持ちでいましたが、西谷弁護士とアパリの尾田さんの熱意に感化され治療をはじめようと思いました。そして、アパリと5年間、薬物の相談や支援をしてくれるということで契約しました。そして薬物治療の為に結のぞみ病院に入院しました。この精神科病院の入院は本当に辛い経験でしたが、西谷弁護士や病院での主治医である中元先生と尾田さんのサポートもあり何とか6ヶ月間の入院生活に耐えることができました。裁判の時も僕のために一生懸命に僕の弁護をしてくれた西谷弁護士、そして情状証人に立ってくれた尾田さんの情熱は忘れることができません。本当に心が許せる人たちでした。そして刑も決まりました。今、考
えればその出会いから僕の回復が始まったと思います。

そして、3度目の刑務所を出所してきました。刑務所の中で色々と出てからの自分の治療の生活設計を立てていました。出所して初めの一年は仕事をしながら毎週病院に通い週3日は自助グループに通っていましたが薬を止めて1年をすぎた頃に一人で薬を止めて行くのには限界がありました。そこで、木津川ダルクの施設長の加藤さんに相談し、月に一度二度の一泊二日での入寮を許してもらいました。僕の中で「ダルク」という施設は「絶対に俺は行かないぞ」と思っていた中間施設でした。それはなぜかというと刑務所で何度も「ダルク」のビデオを見せられた事もあり僕の中で拒否反応が出たからです。

しかし、自分の回復の中でこれ以上の回復の進歩はないと思い一泊二日で毎月泊まりに行けるよう加藤さんの配慮で泊まれるようになりました。
初めは「ダルクの生活ってどんな所なんやろう?」と内心ドキドキしていましたが、いざ一緒に生活をさせてもらうと割とすんなり仲間の輪の中に入ることができました。僕が1番驚いた事はダルクの中にある生活の一つ一つにプログラムがあると言う事でした。朝起きてご飯を食べる。ミーティングをする。ご飯の買い出しに行く、施設の中で料理の用意をする、調理をする、みんなで掃除をする、これらの作業もプログラムの中の一環という事に驚きました。僕は家ではほとんどの事を自分ですることがなく、ほとんどがパートナー任せの生活をしていたので施設での生活にとてもいい影響を受けました。「自分でできる事をする」この当たり前なことができていない自分に気づき少し恥ずかしくもなりました。回復するにはまずは基盤となる「普通の生活(自立した生活)」が必要なのだなと感じました。

ミーティングは午前と午後に2回あります。自分の事を話すのは少し恥ずかしかったり、初めのうちは心を開くことができずにいましたが、何度目かのミーティングで初めて心を開くことができた時には身体(心)が軽くなった事を今でも覚えています。そして、話すだけでは無く人の話を聞くのも大事だと言う事を教えてもらいました。
スタッフの方とのコミュニケーションも僕の中では驚きでした。やっと一息ついた休憩時間にもかかわらず、親身になって僕の話を聞いてくれ的確なアドバイスをくれた事で僕の中にあった悩みが確実に小さくなって行くのを感じました。「話を聞いてくれて共感してくれる」
事だけで嬉しくなります。
施設での生活をしていると、今まで自分がしていた生活は間違っていたことに気がつきました。施設に泊まると本当に生まれ変わったような気持ちになります。それはなぜかというと、 何時も仲が悪い父親に「仕事休ましてもらって施設に行かしてくれてありがとう」と、言えるようになったからです。何時もは僕の面倒見てくれるのが当たり前だと思っていたことが間違いだと気づきこころから「ありがとう」と、言えるようになりました。ありがとうと言った僕の顔を不思議そうに見ていた父親の顔は今でもよく覚えています。
施設の生活も良いことばかりではありません。気の合わない人やイラつく人など本当に色々な人がいますが、僕達薬物依存症の人は決して1人では回復ができない事を教えてくれました。「この人合わんわ」「腹たつから近寄らんとこう」といった気持ちは全て自分の中に問題があることにも気づかせてくれました。まず、自分の生活を元に戻し内面を変えていくことが大事だと教えてもらいました。ダルクに行くまではそんな事を思った事は一度もありませんでした。そして僕に仕事をしながらでも回復ができるという自信を持たせてもらいました。本当に心から感謝しています。

西谷弁護士とも今も交流を持っています。人と人の繋がりって本当に大事な事だと学ばしてもらいました。西谷弁護士、アパリの尾田さん 木津川ダルクの加藤さん この3人の方がいなければ僕の回復はなかったと思います。これからもダルクに通わせてもらいながら仕事に行き1日でも多くのクリーンを続けていこうと思っています。

ひかり

アパリ東京本部ニュースレターNo.85