テーマ「アディクションについて学ぶ」

京都精神保健福祉士協会 11月例会のお知らせ


テーマ「アディクションについて学ぶ」

今回、『依存症』をテーマに学習会を開催します。依存症の課題を抱える方々、その家族への援助実践をおこなうにあたり、依存症への理解、当事者や家族の体験から現状を学ぶ必要があります。また、クライエントへの援助には多機関連携やネットワークを活用する必要がありますが、依存症支援をしている支援者同士が互いのことを知らないという問題があるのかも、という疑問から相互交流を目的に研修部で例会企画に至りました。依存症の方々への支援イメージを「自己治療仮説」的考え方や「生きづらさを抱える支援ニーズの高い方々」という視点にフォーカスしていくことで、取りこぼしのない支援をソーシャルワーカーが実践できるように、支援軸の共通認識獲得のための企画ができればと考えています。是非、ご参加ください。

開催日:R4年11月26日(土)13:30-16:30
実施方法:ZOOMによるオンライン開催
参加対象:本協会会員、日本協会京都府支部構成員、その他、研修に興味のある方
参加費:無料

(内容)
●講義:依存症の正体とは 13:40-14:40(60分) 木津川DARC 加藤 武士 氏
●話題提供:それぞれの立場から(家族・支援者)
●グループによる分かち合いの時間

申込み方法:○Google申し込みフォーム→フォームへリンク

※後日(11/24頃)メールにてZOOMのID・資料を11月24日お送りいたします。

申込み締め切り:令和4年11月19日(土)まで

問合先:京都精神保健福祉士協会 事務局  担当者:服田
TEL / FAX : 075-748-1507  Mail:office@kyo-psw.org
(なるべくメールにてお問い合わせください。)

チラシ→DL